赤ちゃんと温泉旅行 温泉

赤ちゃんや子ども連れで温泉に行くときは、できれば家族風呂や内風呂があるところにしましょう。

赤ちゃんを温泉に入れる場合ですが、「強酸性」のお風呂(草津とか蔵王など、 PH値が2や3の温泉)は避けた方がいいです。

赤ちゃんは肌がデリケートなので、ピリピリ痛みを感じてしまいます。


それ以外なら、硫黄温泉でも大丈夫です。

また、赤ちゃんはのぼせやすいので、温泉の温度にも気をつけてください。

ちょっとぬるめのお風呂がいいですね。

脱衣場にベビーベッドやトイレがあるかどうかも事前に問い合わせておきましょう。

あとは、とにかく他のお客さんに迷惑をかけないようにすることです!

赤ちゃんが騒ぎ出したら静かにさせるしかないですが、どうしても静かにならない時には、お風呂から出ちゃいましょう。

人が少ない時間帯を狙って入るという手もあります。


赤ちゃんにもやさしい宿を探す>>





posted by 温泉美人 at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんと温泉旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。