食塩泉

食塩泉

ナトリウム塩化物泉とも言います。
温泉水1キログラム中1000mg以上の含有成分があり、塩素イオンとナトリウムイオンが主成分であるものをいいます。
温泉水に含有する食塩の量により弱食塩泉(100〜500mg)と強食塩泉(1000mg以上)に分けられます。

効能

神経痛、皮膚病、打ち身、手足の冷えやしびれ、婦人病、切り傷、やけど、手術後の保養、病気の保養などに効きます。
飲用では、胃腸病、肝臓病、便秘など効果があります。



posted by 温泉美人 at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉・入浴豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。