石舞台古墳

蘇我馬子の墓ではないかと言われている石舞台古墳を見に行ってきました。




「石舞台」の名前の由来は、石の形から来ているという説や、昔キツネが女性に化けて石の上で舞って見せた、旅芸人がこのお石の上で芸をしたなどの説もあるそうです。

でも今は、石の上に乗ることはできません。この古墳大小30数個の花崗岩でできていて、北側が65トン、南側が77トン、総重量は2300トンにもなるそうです。公園内には、どのようにして作られたかという解説もあります。

発券所近くのもみじがとてもきれいでした。



posted by 温泉美人 at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。