駅舎が民宿の宿(北海道)

日本でただ一つ、駅舎が民宿になっている宿があります。

アクセスの所に「JR函館本線『比羅夫駅』より徒歩17歩」とあります。一瞬徒歩17分と間違えて読んでしまいましたが、たしかに徒歩17歩。地図を開いてみると、函館本線の比羅夫駅です。

名前は、「駅の宿 ひらふ」



駅舎2階ベッドルームは、男女別相部屋形式。

一室貸切でも利用できますが、テレビは無く(有料貸出しあり)、館内禁煙で、ベッドメークはセルフだそうです。

季節により、ホームでの炭火焼ジンギスカンと丸太風呂が楽しめるそうです。

面白い宿ですよね。

住所 北海道虻田郡倶知安町比羅夫594-4


駅の宿 ひらふ



タグ: 民宿 北海道
posted by 温泉美人 at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。