浜松モザイカルチャー世界2009(10)

浜名湖立体花博に行った気分になれる記事10

P1010037.JPG

この作品は、ガールスカウト日本連盟静岡県支部の「世界にはばたけガールスカウト」

地球儀を模した作品で、「全ての人と友達に慣れるようにという願いが込められているそうです。植え込み作業に多くの団員が参加して、自分達が育てた苗を丁寧に植えていったそうです。

P1010041.JPG

これは、とぴあ浜松農業協同組合の「とぴあファミリー」

JAとぴあ浜松のマスコットキャラクターだそうです。浜松と言うと工業の街というイメージが強いのですが、全国第4位の農業生産量を誇る、農業な盛んな地でもあるそうです。

P1010043.JPG

そういうことで、次の農業関連。丸一物産の「浜松野菜を召し上がれ」

写真の撮り方が悪かったので、メロン以外の野菜が分かりません。
イチゴとかんきつ系の果物と・・・

P1010044.JPG

愛知県立稲沢高等学校の作品は、「いなっピー」

稲沢市、市制50周年を記念のマスコットキャラクターで、稲沢市の名物「国府の宮はだか祭」をモチーフにふんどしとハチマキをしています。

P1010045.JPG

66番は、台北市の作品「花の妖精」

花の妖精は台北花博2010のマスコットキャラクターです。来年は台北まで出かけなくちゃ!!

上海万博もあるので、楽しみが多い年になりそうだななんて頭に浮かびました。

ちなみに台北花博は、2010年11月6日から翌年4月25日まで開催されるそうです。

台北花博情報⇒

P1010047.JPG

オランダ王国の「日本オランダ通商400周年」

日本とオランダの貿易が始まったのは、1609年。江戸時代も途切れることなく貿易が続き、今年が400年目に当たるんですね。

P1010049.JPG

スポーツ健康都市「サッカー大好きふなばし君」

そして前方に見えてきたのは、

P1010050.JPG

巨大な自転車。

堺市の作品で、「緑の風の自転車」

P1010051.JPG

だんだん後方になっていきます。

オススメの宿⇒浜名湖かんざんじ温泉

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。



浜名湖立体花博レビュー記事
@浜名湖立体花博に行った気分になれる記事1
駐車場からシャトルバスで会場へ
A浜名湖立体花博に行った気分になれる記事2
ゲート前〜2、北京市まで
B浜名湖立体花博に行った気分になれる記事3
3「沈みゆくポリネシアの楽園”ツバル”」〜8「緑と人と 希望の歌」
C浜名湖立体花博に行った気分になれる記事4
9「Peace(平和)」〜14「木を植えた男」
D浜名湖立体花博に行った気分になれる記事5
モザイステージ〜21「平和の園」
E浜名湖立体花博に行った気分になれる記事6
22「仙台散歩」〜31「アカウミガメ」
F浜名湖立体花博に行った気分になれる記事7
32「ショパンの街 ワルシャワ」〜44「カクレクマノミとイソギンチャク」
G浜名湖立体花博に行った気分になれる記事8
45「Colosso]〜53「野生のワンダーランド」
H浜名湖立体花博に行った気分になれる記事9
54「ジュラシックカルチャー〜豊橋の恐竜がやってきた」〜61「そばっち」
I浜名湖立体花博に行った気分になれる記事10
62「世界にはばたけガールスカウト」〜69「緑の風の自転車」
J浜名湖立体花博に行った気分になれる記事11
70「灯彩」〜78「紅雲の雪景富士」
K浜名湖立体花博に行った気分になれる記事12
79「な〜らちゃん」〜91「モザイ」
浜松モザイカルチャー世界博2009 基本情報

周辺観光情報
浜松フルーツパーク


posted by 温泉美人 at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。