浜松モザイカルチャー世界博2009(7)

浜名湖立体花博に行った気分になれる記事7
32番目は、ポーランド、ワルシャワ市の「ショパンの街 ワルシャワ」
でしたが、ただの花壇と思って通り過ぎてしまいました。(後で気付きました)

P1000983.JPG

33番は、

スイス、ジュネーブ市の「時計の街・ジュネーブ」

このあたりの作品は、タイトルがそのまま形になっているものが多いようです。

P1000985.JPG

相模原市の作品で、「舞いあがれ 相模の大凧」

P1000987.JPG

インドネシア、ジャカルタ特別市は、「ガルダ」

40代から50代の男性の方は、この名前を聞いて「紅のチャレンジャー」というキックボクシングのマンガを思い出しませんか。

あの舞台は、タイで国が違いますが、「ガルダ」(漫画ではガルーダ)は、神様の名前で、タイのチャンピオンの名前がその神様と同じガルーダだったと思います。

P1000986.JPG

36番はベリーズの作品で、「カリブの楽園:ベリーズ」

P1000988.JPG

園内を流れる川を越えると、牧之原市の作品で「茶(ちゃ)っととびたて牧之原」

P1000993.JPG

富士山を背に、一面に広がる茶畑。そこから離陸する飛行機をデザインした作品で、今年開港した富士山静岡空港をテーマにしたものです。

設計から施行まで、1年かけて制作したそうです。

P1000989.JPG

神戸市の「神戸橋」

神戸港の海側から見た、こべの街並みを表しています。

P1000990.JPG

横浜市は、開港150周年記念事業のマスコットをデザインした「未来へ向けて出港・たねまる」

P1000995.JPG

大阪市は、「水都大阪」

歴史的建造物「淀屋橋」と「大阪市中央公会堂」細かいデザインで表現していますが、近くで見るとちょっとわかりずらいのが難点です。

P1000997.JPG

41番の磐田市の作品は、サッカーボールを囲むようにベッコウトンボ(磐田市のシンボル)、つつじ、くすのき(天然記念物の善導寺の大クス)をイメージした「磐田市のシンボル(花・木・昆虫)」

このあたりで、お腹がぐうぐうなり始めます。

P1010001.JPG

浜松公園緑地協会の作品で、「松」

P1010003.JPG

フィリピン共和国の「ジュゴンのセレナ」

頭のティアラは、どこかの自動車保険のCMのようで突っ込みたくなりますね。

P1010004.JPG

そして、沖縄の美ら海水族館の作品「カクレクマノミとイソギンチャク」

この作品が44番です。


この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。


浜名湖立体花博レビュー記事
@浜名湖立体花博に行った気分になれる記事1
駐車場からシャトルバスで会場へ
A浜名湖立体花博に行った気分になれる記事2
ゲート前〜2、北京市まで
B浜名湖立体花博に行った気分になれる記事3
3「沈みゆくポリネシアの楽園”ツバル”」〜8「緑と人と 希望の歌」
C浜名湖立体花博に行った気分になれる記事4
9「Peace(平和)」〜14「木を植えた男」
D浜名湖立体花博に行った気分になれる記事5
モザイステージ〜21「平和の園」
E浜名湖立体花博に行った気分になれる記事6
22「仙台散歩」〜31「アカウミガメ」
F浜名湖立体花博に行った気分になれる記事7
32「ショパンの街 ワルシャワ」〜44「カクレクマノミとイソギンチャク」
G浜名湖立体花博に行った気分になれる記事8
45「Colosso]〜53「野生のワンダーランド」
H浜名湖立体花博に行った気分になれる記事9
54「ジュラシックカルチャー〜豊橋の恐竜がやってきた」〜61「そばっち」
I浜名湖立体花博に行った気分になれる記事10
62「世界にはばたけガールスカウト」〜69「緑の風の自転車」
J浜名湖立体花博に行った気分になれる記事11
70「灯彩」〜78「紅雲の雪景富士」
K浜名湖立体花博に行った気分になれる記事12
79「な〜らちゃん」〜91「モザイ」
浜松モザイカルチャー世界博2009 基本情報

周辺観光情報
浜松フルーツパーク



posted by 温泉美人 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。