浜松モザイカルチャー世界博2009 基本情報

浜松モザイカルチャー世界博2009、浜名湖立体花博が2009年9月19日(土)〜11月23日(月)まで開催されています。

この浜名湖立体花博に行く前に、困った時や見学するときに役に立つと思う情報を掲載しておきます。

(立体花博、見る価値はあります。きっと感激しますよ)
夜間開催について


立体花博は、平日は9時から17時までですが、金・土・日・祝日は9時から21時までが開場時間となり(最終の11月23日を除く)、夜の時間帯はライトアップが行われ、昼間とは違った素敵な姿を見ることができます。


車いす・ベビーカーの無料貸し出し

モザイゲート・はまなこゲートでは、赤ちゃんやお年寄り、障害をお持ちの方のために、ベビーカーや車いすの無料貸し出しを行っています。返却するときは、借りたゲートに戻して下さい。


再入場について

当日本人に限り、再入場ができます。再入場をしたい人は、退場の際に入場券の半券に日付スタンプを押します。退場時に、出口にいるスタッフに申し出てスタンプを押してもらって下さい。再入場の際には、入場口に日付が押されたスタンプを提示して下さい。浜松市動物園に無料入場の際も、日付入りの半券が必要です。


隣接する浜松市動物園が無料

立体花博は、浜松市フラワーパークで開催されていて、隣には浜松市動物園があります。立体花博の入場券の日付入りの半券を提示すると、当日に限り無料で動物園に入園ができます。動物園側から花博会場に戻る際には、再入場扱いとなりますんで、再度日付入り半券の提示が必要になります。


迷子・落し物預り所(迷子)

お子さんが迷子になった場合は、まずは近くのスタッフに相談して指示に従って下さい。(STAFFと背中に書かれたユニフォームを着ています)スタッフがそばにいないときは、迷子・落し物預り所を利用します。※迷子や落し物についての場内放送は行いませんので注意して下さい。


救護室

救護室は、モザイゲート側にあります。気分が悪くなったりけがをした場合は救護室を利用して下さい。「モザイゲート「はまなこゲート」には、AED(児童体外式所細動器)が備えてあります。


スタッフとボランティア

会場には多くのスタッフやボランティアの人たちがいます。それぞれ、見てすぐ分かるようなユニフォームを着ています。分からないこと、困ったことがありましたら、気軽に尋ねてみて下さい。
私も、会場でいろいろ説明をしてもらいました。


会場:浜松市フラワーパーク



オススメの宿⇒
浜名湖かんざんじ温泉


浜名湖立体花博レビュー記事
@浜名湖立体花博に行った気分になれる記事1
駐車場からシャトルバスで会場へ
A浜名湖立体花博に行った気分になれる記事2
ゲート前〜2、北京市まで
B浜名湖立体花博に行った気分になれる記事3
3「沈みゆくポリネシアの楽園”ツバル”」〜8「緑と人と 希望の歌」
C浜名湖立体花博に行った気分になれる記事4
9「Peace(平和)」〜14「木を植えた男」
D浜名湖立体花博に行った気分になれる記事5
モザイステージ〜21「平和の園」
E浜名湖立体花博に行った気分になれる記事6
22「仙台散歩」〜31「アカウミガメ」
F浜名湖立体花博に行った気分になれる記事7
32「ショパンの街 ワルシャワ」〜44「カクレクマノミとイソギンチャク」
G浜名湖立体花博に行った気分になれる記事8
45「Colosso]〜53「野生のワンダーランド」
H浜名湖立体花博に行った気分になれる記事9
54「ジュラシックカルチャー〜豊橋の恐竜がやってきた」〜61「そばっち」
I浜名湖立体花博に行った気分になれる記事10
62「世界にはばたけガールスカウト」〜69「緑の風の自転車」
J浜名湖立体花博に行った気分になれる記事11
70「灯彩」〜78「紅雲の雪景富士」
K浜名湖立体花博に行った気分になれる記事12
79「な〜らちゃん」〜91「モザイ」
浜松モザイカルチャー世界博2009 基本情報

周辺観光情報
浜松フルーツパーク



posted by 温泉美人 at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。