温泉レビュー日帰り温泉「伊太和里の湯」

P1000346.JPG

4月1日にできたばかりの日帰り温泉「伊太和里の湯」に行ってきました。

できたばかりの建物、気持ちがいいものです。

駐車場は、かなり広くて施設の大きさから考えれば十分なスペースがあります。

私たちの隣の車は、ポルシェカレラ!!

オイオイ、島田市では、ポルシェに乗って日帰り温泉ですか、などと友人が・・・

それはさておき、駐車場から入り口に向かうところには

P1000344.JPG

「田代の郷 温泉」と書かれた石碑がありました。

P1000357.JPG

中に入ってチケットを買います。前回の記事で入湯料大人500円、子ども300円と書きましたが補足することがあります。

この入湯料は1回3時間で、1時間超過すると大人100円、子供50円が加算されます。

中の様子は、人がいて写真におさめることができませんでしたが、パンフレットを使って説明したいと思います。

P1000362.JPG

風呂は、森林の湯、満天の湯、貸切風呂に分かれています。森林の湯と満天の湯は、日によって男湯と女湯交代になるようです。

私たちが訪れた日は、満天の湯が男湯になっていました。(プロフィールに書いてありますが、温泉美人は実は男です)


満天の湯

内湯の浴槽は3つ、それほど大きいものではありません。内湯のドアを開けてすぐにかけ湯が用意され、そこでかけ湯をして浴槽に入ります。お湯の温度は40.5度、熱くはありません。

係の人に聞いてみたところ、源泉の温度が45度くらいなので浴槽ではこの温度になってしまうそうです。

外湯のドアを開けると、すぐ横にサウナの入り口があります。サウナは、ちょっと狭くて、6人でいっぱいくらいです。もう少し広ければいいのに。

外湯の浴槽は、サウナのすぐ横に水風呂、これは大人1人の大きさ。ほかに寝湯と源泉風呂、変わり湯と3つの浴槽。寝湯は大人が3人がゆったりと横になれる広さ、源泉風呂は10〜15人程度が入れる大きさ、変わり湯は3〜5人程度の浴槽です。

この中で、源泉風呂というのが開放的一般的に言う「自然を模した露天風呂」です。外湯の中で温泉を利用しているのはこの風呂でけです。

不思議に感じたのは、変わり湯という浴槽。ぶどう色をしたお湯だったんですが、あれは薬草湯か何かでしょうか。

お湯はというと、低張性の弱アルカリ性のお湯ということで肌がスベスベして気持ちいいですよ。また、お湯の温度が高くないので、ゆっくりくつろいだ気分になれます。


森林の湯

森林の湯は、実際に入っていないのでカタログからだけの情報になります。

普通の浴槽は、3つ、これに寝湯、人工炭酸泉、水風呂、サウナが全て内風呂になっています。露天風呂が1つありますが、それほど大きいものではないようです。


その他の施設



食堂

入り口正面にお食事どころ「くつろぎ」があります。食券を買って渡すと、すぐに注文したものが出てきます。待ち時間が短い!!

全てテーブルで、スペースも広くていい感じです。


休息室

無料休息室は、和室70畳で、畳の上に低いテーブル、座布団が用意されています。

有料の個室休息室は、8畳の広さで2部屋あり、予約制になっています。


リラクゼーション「koume」


ボディ・フェイス・ハンド・フットけあが受けられるそうです。

他に、多目的ルーム多目的スペースがあります。


交通アクセス


島田の中心街から少しはなれたところなので、車で行くのが一般でしょうが、島田市コミュニティバス田代の郷温泉腺が出ています。

P1000364.JPG

料金は、降りる場所によって、100円か200円のようです。安いですよね。

自然がいっぱいでとてもいいところです。お風呂も満足、また行ってみたいと思いました。


田代の里温泉の利用方法は、島田市役所市民安全課にお問い合わせ下さい。
電話 0547−36−7144





posted by 温泉美人 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。