上諏訪温泉と諏訪レイクサイドホテル2

P1000175.JPG
前日、温泉にゆったり浸かったおかげか、
朝はすっきり目覚めることが出来ました。

これは、あさ部屋から見た諏訪湖です。


諏訪湖レイクホテルの源泉は、上諏訪南部温泉。泉温は、69.8度の高温で、泉質は単純温泉(弱アルカリ)と書いてありました。

飲用はできませんが、神経痛、筋肉痛、関節のこわばり、冷え性、慢性消化器病に効果があるそうです。

朝食はバイキング、平日なのにわりと多くの人が宿泊していたのを知りました。

朝食の時間は、7時から9時まで、8時を過ぎると無くなってくるメニューもちらほら出てきました。

私達は、9時半にホテルを出て諏訪大社に寄って帰る予定です。最初は、諏訪湖間欠泉センターにも寄って行くつもりでしたが、間欠泉は人工的に噴出させていると聞いて、よるのを中止にしました。
(噴出する時間が決まっていて、自分たちの予定に合わなかった)

P1000178.JPG

諏訪大社は、7年に一度の「御柱(おんばしら)」で有名な神社です。次回の御柱は、平成22年の寅年。

P1000185.JPG

上の写真が御柱で、祭りの規模、勇壮さとも他に類がなく、天下の大祭のひとつに数えられています。長さ20メートル、太さ3メートル、重さ10トン以上もの大木を引き出し、4つの宮の社の四隅に各1本ずつ計16本建てるというお祭りです。

この4つの柱で、結界を作っているとも言われています。

P1000183.JPG

境内には、御柱のことを説明したおおきな掲示がありました。

参拝をする前に、手を洗って清めるところがありますよね、ひしゃくが置いてあるところ。もちろん諏訪大社にもあります。これなんですが・・・

P1000176.JPG

竜の口から流れ出ているのは、温泉水。さすが諏訪だと思いました。さわってみると分かりますが、とても熱いですよ。69.8度なんでしょうか。

境内をゆっくりと見て、車に乗り込みました。

今回の旅行で、1つだけ問題がありました。何だと思います?

P1000172.JPG

諏訪レイクサイドホテルのトイレです。とても清潔にしてくれてあるし、ウォッシュレットで設備もいいのですが、狭い!

この写真だけでは分かりづらいので、トイレの便器と扉の敷居の間にスリッパを置いてみました。

P1000173.JPG

トイレに座ってドアを閉めると、目の前にドアの壁です。これが無ければ、すごくいいホテルなんだけれど・・・

朝のトイレは、1階に行って済ませました。
ホテルからの景色も、スタッフの対応も、食事もいいのに、もったいないですよ。

今回宿泊予約に利用したサイトは、ゆこゆこネットです。




この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。


関連記事
上諏訪温泉と諏訪レイクサイドホテル


posted by 温泉美人 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。