自然を楽しむ奥飛騨平湯温泉

日本の屋根、北アルプス山麓に奥飛騨温泉郷はあります。

奥飛騨温泉郷と一言で言ってしまうと1つの温泉地のように思えますが、奥飛騨温泉郷は、5つの温泉からなっています。

平湯温泉、福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉、新穂高温泉、これらをまとめて奥飛騨温泉郷と呼んでいるのです。


平湯

5つの温泉地の中で、平湯は奥飛騨温泉郷の玄関口に当たり、古くから湯治場として知られてきた温泉です。この温泉が発見されたのは戦国時代、武田信玄の軍勢が飛騨を攻めるときにサルの案内でこの温泉を見つけ、武田軍がこの湯に入り鋭気を養ったと伝えられています。

奥飛騨温泉郷の玄関と言っても、平湯は安房峠と平湯峠に挟まれた標高1200メートルの高地にあり四季折々の自然をたっぷり楽しめるだけでなく、高山、松本両方面からのアクセスがよいので、上高地などの観光、北アルプス登山などと組み合わせて温泉を楽しむ人が多いところです。

長期の休みがなかなか取れない私は、この平湯だけで自然を楽しむ旅を考えてみました。
旅はもちろん、誰にも邪魔されない一人旅。


平湯の自然を楽しむ


自然を楽しむためにまず何をすべきか、これから自分が行く場所がどのような場所か知っておくことです。どんな植物があるか、どんな動物がすんでいるのかそれを知っているだけで、楽しみ方も違ってきます。

短いたびに利用するかばんは、ディパック。その中にはいつも双眼鏡が入っています。そして必ず目的地に向かう前に、観光案内所や自然博物館などによって、観光地の地図つきのパンフレットなどをもらいそれを手にして歩き回るのが好きです。パンフレットにある動物や植物の写真と実物とを見比べ、なるほどと自分で納得しながら散策を楽しむのです。

平湯温泉で自然を楽しむのなら奥飛騨平湯大滝公園ですが、その前によって行くところがあります。それは、飛騨・北アルプス自然文化センター。平湯バスターミナルから徒歩2分のところにあります。

飛騨山脈を取り巻く自然と生態系、そこに生きる人々の歴史を学べる施設で、周りに約2キロメートルの自然散策路もあります。散策炉は、20分程度で1周できると説明されています。ここで予備知識を入れ、大滝公園に向かおうと思います。


奥飛騨平湯大滝公園

奥飛騨平湯大滝公園は、平湯大滝を核とした自然散策ができる公園で、さまざまな施設も整っています。

平湯大滝は、落差64メートル、日本の滝百選にも選ばれた名瀑です。春の新緑、夏の濃い緑に映える白い滝の姿やそこにかかる虹、秋には紅葉の名所の1つにもなっています。大滝の雪景色もすばらしいそうです。2月には、滝の結氷した姿が見られ、平湯大滝結氷まつりでライトアップされた幻想的な滝の姿を見ることができます。

まず駐車場に車を止め、公園の入り口に向かいます。駐車場は、乗用車が227台、バイク30台、大型バス10台が止められます。駐車料金は1日各500円、300円、2000円です。

公園は入場無料、入り口から平湯大滝までは遊歩道が続いています。滝までは、徒歩で10分ほど。歩くのが苦手な人は、入り口から大滝までシャトルバスが運行されていて、1回100円で乗車できます。

でも折角ですから、歩きましょうね。

きっと私は歩きながら双眼鏡をのぞいたり、周りの植物を観察したりしてのんびり自然を楽しむでしょうね。BGMは、遊歩道の横を流れる川のせせらぎの音。

最高です!!

また入り口近くには足湯の施設もあり、足湯に浸かりながら600メートル先の平湯大滝が眺められるそうです。

平湯で自然を楽しんだのなら、やっぱり宿も自然にこだわりたいですよね。


自然にこだわった宿も見つけておきました。

奥飛騨温泉郷 匠の宿 深山桜庵

奥飛騨温泉郷 匠の宿 深山桜庵

宿の名前「深山桜庵」は、「みやまおうあん」と読みます。

名前の由来は、宿を立てる場所を探していたときにその地にあった1本の山桜にちなんでこの名にしたということです。名前のように、たくさんの桜が咲き誇る「山桜の宿」にしたいということです。

奥飛騨温泉の自然と言えばやはり北アルプスの山々、深山桜庵はこの景色を宿に上手に取り込んでいます。

飛騨の山々に抱かれるような場所にあり、笠ヶ岳など北アルプスの山々を借景として建てられています。

宿で温泉堪能したその翌朝、朝の光の中でこの風景も堪能し、深呼吸で肺に満たされる澄んだ空気。

何という贅沢。

この宿のオススメは、自然だけではありません。部屋は、飛騨の民家を思わせる大胆な木組みの造り。源泉かけ流し露天風呂、山小屋風貸しきり露天風呂、客室露天風呂、全ての湯舟から満天の星と笠ヶ岳を見ることができます。

さらに、おもてなしのサービスもいろいろ、旅の疲れを癒してくれます。

たまには1人でのんびりと、

贅沢な時間を楽しみたい!


そんな風に思いませんか?


古き良き飛騨高山の街を楽しむ為の旅の宿
「飛 騨花里の湯 高山桜庵」
が4月10日誕生。飛騨高山の息吹を感じていただけるよう、ホテル内は飛騨建築の特徴である高山格子などを配置。また最上 階にある天然温泉の湯処の向こうには、北アルプスをはじめとする山々の大パノラマが広がります。ただいま、おトクな

【『高山桜・開花宣言』開業記念プラン】
ご予約受付中です!

料金:8,800円‐(お一人様) 期間:4月10日‐6月30日







タグ:温泉 旅行
posted by 温泉美人 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック