毒沢温泉(長野県)

武田信玄の隠し湯だった毒沢温泉は、下諏訪から北へ2〜3キロメートル北に入ったところに、標高約800メートルのところにある温泉です。




糖尿病、痛風に効果があると言われています。

毒沢温泉という名前は、震源が源泉近くで金を掘り、人を寄せ付けないために「毒」という文字を使って名前をつけたという説と「徳の沢」がなまって「毒沢」になったという2つの説があります。

ミネラル分を含んだ冷鉱泉で、赤茶けた湯はまさに秘湯の湯の感じがします。湯治としての入浴は1日3回程度。1回10分から20分を目安にします。タオルの色がたちまち赤茶けてしまうほど成分が濃く、石鹸が利用できません。

毒沢温泉の湯は、ほろ苦くすっぱい味がします。昔から健康にいい霊泉として飲用されてきました。

毒沢温泉の宿は3軒。神の湯(電話 0266−27−5526)、バリアフリーを早くから取り入れた宮の湯(電話 0266−28−3888)、国民宿舎の沢乃湯(0266−27−2670)です。





posted by 温泉美人 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。