鹿教湯温泉(長野県)

鹿教湯温泉(かけゆおんせん)は、高血圧や動脈硬化、中風に効くといわれている温泉です。

松本と上田のほぼ中間に位置する温泉で、江戸時代から湯治場として開けた山あいの静かな温泉地です。




古くから「中風の名湯」として有名で、飲泉と併せるといっそう効果的だといいます。

温泉街には共同浴場、温泉病院、リハビリテーションセンター、クアハウスなど、温泉療養施設があり信州の療養温泉の総本山とも言われています。

鹿教湯温泉では、入浴の合間に歩くことを勧めていて、自然を楽しむことができる散策路が整備されています。

中気坂から五台橋へ歩き、薬師堂、文殊堂へと続く道は、リハビリに結びつき、新緑や紅葉など四季折々の自然を楽しむことができます。


鹿教湯温泉  斎藤ホテル







タグ:温泉 旅行
posted by 温泉美人 at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。