温泉は身体にいい 1

昔から温泉は身体にいいとして、湯治など病気を治すために温泉を訪れる人がいました。

そして今でも、温泉療法として用いられています。

温泉の成分

温泉のお湯には、特定の成分が含まれています。

例えば、硫黄には解毒作用や皮膚をなめらかにする効果があり、鉄は貧血に効果があります。改善したい症状によって最も適した温泉を選んで、その科学的な効果で病気をよい方向に導くのです。

しかし、実際温泉にはさまざまな成分が少しずつ含まれているものがほとんどで、その相乗効果で体の調子を整えていきます。


体のリズムを安定させる


現代人は、普段の生活の中でさまざまなストレスを受けて暮らしています。不規則な生活や、過剰なストレスが続くと体内のリズムが崩れさまざまな病気を引き起こします。

湯治などの滞在型の温泉利用は、不規則な生活で失われた体のリズムを正常な状態に戻してくれます。

温泉は、特定の病気に対する効果というよりも、さまざまな薬効成分、入浴刺激によって、人の自然治癒力を高めてくれるという効果のほうが大きいようです。

オススメ⇒平日がお得!温泉旅館の宿泊予約なら「ゆこゆこネット」


関連記事
温泉は身体にいい 2


タグ:温泉 旅行
posted by 温泉美人 at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉・入浴豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。