高瀬渓谷(長野県大町市)

高瀬川は、北アルプスの槍ヶ岳から流れ出る川です。

この川には、3つの大きなダムがあり、そのうちの2つは日本有数のロックフィルダムです。ロックフィルダムとは、自然の石を積み上げて造ったダムのことです。

しかし、ダムとダムの間は、昔と変わらない自然の渓谷美が健在で、特に秋の紅葉は長野県内随一とも言われています。



県道326号線を上流方向に向かっていくと、まず控えているのが「大町ダム」です。

「大町ダム」でせき止められた水によってできた湖が「龍神湖」。この周辺一体は自然の宝庫、猿はもちろん日本カモシカを見ることもあるそうです。(私は猿しか見ませでした)

大町ダムの脇には、高瀬渓谷緑地公園があります。安曇野に残る伝説「泉小太郎」が龍に乗った姿の像が建てられています。ダムの高台は展望台になっていて、大町市街を一望できます。

そこから上流に向かうと、高さ125メートルのロックフィルダム「七倉ダム」が見えてきます。「七倉ダム」から先は、」マイカーが禁止です。ここからは、マイカーを駐車場に置き、特定タクシーで「高瀬ダム」に向かいます。「高瀬ダム」は高さ176メートルの日本有数規模のロックフィルダムです。堤面の沿って設けられた道を登っていくときの迫力は、まさに圧巻です。


「高瀬ダム」に無料で行く方法

「高瀬ダム」に無料で行く方法があります。高瀬川テプコ館の見学バスを利用する方法です。

高瀬川テプコ館では、高瀬ダムと、地下で揚水発電を行う新高瀬川発電所の仕組みや様子を、映像やコンピューター、模型、パネルで分かりやすく説明しています。子どもだけでなく大人も、電気の面白さについて楽しく学ぶことができます。

この高瀬川テプコ館で、実際に高瀬ダムと新高瀬川発電所を見てまわる見学バスを運行しています。施設の仕組みを知ることはもちろん、高瀬ダムの背面道路をバスで登ったり、発電所の地下施設に入ったりなど、普通ならできない体験をすることができます。

料金は無料、所要時間は2時間です。

但し、予約制のため事前に電話で予約をしておく必要があります。

問い合わせ 電話 0261−23−2152 高瀬川テプコ館


秘境の温泉湯俣温泉

本当の秘湯をお探しなら、ここはピッタリの温泉です。高瀬ダムから徒歩で約2時間半、さらに渓谷をさかのぼったところにある温泉が、湯俣温泉です。ここには、石灰岩などの温泉沈殿物が盛り上がってできた「噴湯丘」があり、天然記念物になっています。


宿を探すなら⇒信州大町温泉郷


紅葉と温泉情報
京都 高雄の紅葉
修善寺虹の郷紅葉まつり
仁科三湖(長野県)
池峯もみじの郷の紅葉(神奈川県奥湯河原)
地蔵堂・最乗寺の紅葉(神奈川県南足柄市)
浜名湖ガーデンパークの紅葉(静岡県浜松市)
紅葉と早咲きの梅 熱海梅園
静岡県内紅葉情報
2008年 せせらぎ街道紅葉情報(郡上市明宝)
富士河口湖の紅葉まつり
湖上から楽しむ紅葉 黒部ダム(長野県側から)
紅葉と美術館(長野県安曇野)
袋田の滝に新しい観瀑台(茨城県)
富士山
箱根の紅葉と美術館
修善寺虹の里
旧天城トンネル
箱根湯本 紅葉と散歩
下呂温泉横谷峡
飛騨高山ドライブと紅葉


タグ:温泉 紅葉
posted by 温泉美人 at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の旅と温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。