紅葉と美術館(長野県安曇野)

紅葉を見に信州へ、長野自動車道を豊科インターで降りるとそこは安曇野。

安曇野から北に向かって走れば、木崎湖、青木湖など湖と紅葉を楽しめる場所がたくさんあります。その先に進めば白馬や栂池。さらに秋を満喫できる観光スポットが。

秋の紅葉とともに、安曇野の美術館も楽しんでみませんか。


安曇野

安曇野は、北アルプスの裾に広がる田園地帯。山国にありながら坂道があまりない平地が東西に30数キロ広がっています。春夏秋冬、四季を通じて旅人を飽きさせない土地です。

ここを訪れる観光客は年間300万人を超えます。春の桜、初夏のツツジとあやめ、などの花も有名ですが、高瀬川を初めとする河川や水路をを利用したわさび栽培、ラフティングなど夏の観光もとても人気があります。


安曇野アートライン

安曇野の北側には数多くの美術館が点在していますが、意外とこのことは知られていませんでした。わずか50キロ県内にさまざまな美術館が20館、南北に帯のように並んでいます。この帯のことを、「安曇野アートライン」と呼びます。この「安曇野アートライン」に並ぶ各館が、趣向を凝らした企画を打ち出し、最近では安曇野観光の中でも注目される存在になってきています。

これらの美術館を見て回るには1日ではとても無理、そこでオススメの美術館を6つほどここで紹介したいと思います。


安曇野市豊科近代美術館


建物は、ヨーロッパの中世修道院の形をしています。近代彫刻の巨匠「高田博厚」の作品189点、森鴎外ゆかりの画家「宮芳平」の絵画2000点、安曇野出身の作家「小林邦」のデッサン、スケッチなど170点を収蔵しています。

入場料は大人500円。
問い合わせ 電話 0263−73−5638


田淵行男記念館

自然、山、蝶を愛した山岳写真家「田淵行男」の写真作品を展示しています。山の自然を題材にした作品ばかりでなく、カラー写真の撮れなかった時代、絵の具で書いた蝶の細密画や愛用の品々も展示されています。

入場料は大人300円
問い合わせ 電話 0263−72−9964


碌山美術館

彫刻家ロダンに学び、日本の近代彫刻の先端を担った「碌山」の見るものを圧倒する彫刻が展示されています。また、友人だった「高村光太郎」「戸張弧雁」の作品も、館内だけでなく庭にも展示。赤レンガにつたが絡まった本館は、安曇野のシンボルにもなっています。

入場料は大人700円。
問い合わせ 電話 0263−82−2094


安曇野高橋節郎記念美術館

地元の安曇野穂高に生まれた「高橋節郎」の功績を紹介する美術館です。漆作品の大作をはじめ水墨画や書などをゆっくりと鑑賞できます。

入場料は大人400円。
問い合わせ 電話 0263−81−3030


安曇野ジャンセン美術館

ジャン・ジャンセンのコレクションを展示する、世界で唯一の美術館です。ジャンセンは、1950年代から70年代にかけてフランスやイタリヤで活躍した画家。バレリーナシリーズをはじめ仮面舞踏会、ベニスなどの作品を中心に650点を収蔵・展示しています。

入場料は大人850円
問い合わせ 電話 0263−83−6584


絵本美術館 森のおうち


世界の絵本に親しむことができます。1階はグッズのお店と小ホール、児童書をあつかう書店、ケーキのお店があります。2階は展示室、ライブラリーになっています。宮沢賢治の作品が特に多く取り上げられています。

入館料は大人700円
問い合わせ 電話 0263−83−5670

もし時間があれば安曇野ちひろ美術館もいいですよ。(これは、私の好みです)

紅葉の秋は、文化の秋、そして温泉に親しむ秋です。

安曇野観光のお泊りは⇒信州大町温泉



紅葉と温泉情報
京都 高雄の紅葉
修善寺虹の郷紅葉まつり
仁科三湖(長野県)
池峯もみじの郷の紅葉(神奈川県奥湯河原)
地蔵堂・最乗寺の紅葉(神奈川県南足柄市)
浜名湖ガーデンパークの紅葉(静岡県浜松市)
紅葉と早咲きの梅 熱海梅園
静岡県内紅葉情報
2008年 せせらぎ街道紅葉情報(郡上市明宝)
富士河口湖の紅葉まつり
高瀬渓谷(長野県大町市)
湖上から楽しむ紅葉 黒部ダム(長野県側から)
富士山
箱根の紅葉と美術館
修善寺虹の里
旧天城トンネル
箱根湯本 紅葉と散歩
下呂温泉横谷峡
飛騨高山ドライブと紅葉
袋田の滝に新しい観瀑台(茨城県)


タグ:美術館 紅葉
posted by 温泉美人 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の旅と温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。